〔写真提供:神戸市〕

 

大地震などの緊急事態で、あなたの事業が崖っぷち!

 

それでも、あなたの事業を守り抜くBCP

 

 

未曾有の被害をもたらした東日本大震災、熊本地震・・・・

壊滅的な被害を受けながらも、

BCPによって事業を復旧継続・存続させることができた

中小企業、小規模事業所、店舗がありました。

 

大災害などの緊急事態となっても生き残る強い事業は、

そうでない事業と、どこが違うのでしょうか?

 

 

 

大地震や大災害など、緊急事態が発生したとき、

  • 人命救助や従業員の安否確認を確実に実行したい
  • 今の事業を早期に復旧させたい
  • あまりお金をかけずに防災計画、BCP事業継続計画を策定したい
  • そして、今すぐ実施したい

と、お考えの社長・事業主の方へ

 

 

これらの問題を一挙に解決しませんか?

 

「万一の備えが大事なのは分かるよ。だけどさー、うちみたいな中小企業は正直、今のことで手一杯だよ」

 

おっしゃることはよく分かります。

「売上拡大」「コスト削減」「資金調達」そして「人材の確保と育成」などで手一杯なんですよね。

でも、頑張って利益を出し続けていても、ある日突然、大災害など、緊急事態が起こって、事業の継続ができなくなったとき、

場合によっては、廃業、閉店も覚悟しなければなりません。

 

あなたは、不測事態の備えに向き合うことを避けながら、これからも経営を続けていきますか?

 

緊急事態に遭遇しても、引き続き事業継続できるよう、今から準備していきたい。

そんなあなたのために、“Atelier BCP” (アトリエBCP)では、出張セミナーを企画しました。

このセミナーは「お金をかけずに知恵を絞って考えよう」を目標課題として進めていきます。

これを知らないのは、あまりにも、もったいない………………

 

必要と思われる防災対策の情報やBCP策定の情報は、パソコンやスマートフォンなどで調べることが多いことでしょう。

しかし、その情報の多くは細切れ断片的な状態で流れています。

前提や問いが曖昧で、結果だけを強調した成功事例があふれています。

にもかかわらず、多くの人が情報を知ることだけで満足してしまい、その奥にある本質を探ることをしない傾向があります。

これでは、あなたのビジネス想像力や思考力、問題発見力、問題解決力など、あなた流の事業を成長させることができません。

「BCP策定支援セミナー」では、ネット検索では得られない貴重な情報が入手できます。

 

災害対策や緊急時の事業復旧の実施に抵抗ある方はどうぞ、これまでのやり方を大切にお守りください。

 

一方、大災害や大事故など緊急事態でも引き続き今の事業を継続したい。

平常時からしっかり準備していきたい。

 

「アトリエBCP」は、そんな事業者のために自力をつける「BCP策定支援セミナー」を出張してお届けします。

 

 

 

ありがちな災害廃業論の見落とし
 

地震で建物や設備が被災したら、今の事業をやめるしかないね

こんな話を耳にすることがあります。

被災後には、今の事業を続けずに廃業するという真意はどこにあるのでしょうか?

次のようなことが考えられます。

 

事業主が高齢にさしかかっており、後継者もいないので、事業復旧するためにまた借金をすることには抵抗がある

確かに中小企業がこのような問題をかかえていることは承知しています。優秀な技術があって、まだこの先も成長が見込めると思っていても、人材不足では事業の永続性は望めません。また、次期後継者にしたい子供ですが、後を継ごうとしない悩みも多く聞きます。

このような事業環境において、大地震などの災害で被災して今の事業が大きな損害を受けたらどうなるでしょうか?

まだ銀行にも借金が残っているのに、さらに借金してまで事業を続ける意味はどこにあるのか考えてしまいます。

 

 

そう思いつつも………その一方で

事業者は高齢になってもできるだけ今の事業を続けていきたい

真意はこんなところにもありそうです。

それは、今すぐ事業をやめたら、年金と貯蓄ではとても生活できそうもない。まだ借金も残っているし………

これが事業を継続したい理由であり、固い意志を感じます。

 

とすれば「大災害があって大きな被害が出たら廃業する」という発言の真意はどう捉えてたら良いのでしょうか?

今の事業で借金が残っていたら、被災後の返済はどうなるのでしょうか?

 

東日本大震災で実際にあった、ある避難所で実施した弁護士の無料相談でのこと。

小さな工務店をやっていたが津波ですべてを失った。

事業のローンやリースの返済が止まらない。

もう破産しかないと聞いた。

そうしたら、もう何もかも終わりだ

個人事業主は、一度破産したら銀行から二度と借り入れができないかもしれない。お世話になった人からも借金をしているので、破産したらもうその地域で暮らしていけない。保証人に迷惑をかけることは絶対にできない、といった事業者の悲痛な叫びでした。

 

要するに、高齢になろうとも、後継者が決まらなくても、災害で被災しても、今の事業を継続していくことが重要であることには変わりはないのです。

大切なことは、大災害で自分の事業が被災しても、あなたと従業員を守るために平常時から“いかにして事業を復旧・継続させるか”を考え抜いて対策を実行することです。

 

 

 

 

リスクマネジメントや危機管理は、事業経営そのもの

 

リスクマネジメントとは、事業経営において発生するリスクの悪影響を確認し、最小のコストで最適なリスク処理を選択・実施し、

統制するプロセスを通じて損失を最小限になるようにコントロールする、経営と管理の一機能です。

 

危機管理とは、危機的な出来事に対して可能な限り迅速かつ適切な対応をとることで、平常状態へ復旧させることを目的としています。

しかし、危機的事態が発生した事後対応が目的であるとしても、やはり危機が発生する前にあらかじめ対応しておく必要があります。

 

リスクマネジメントや危機管理が必要と分かっていても、なかなか実施できていないのが現状です。

でも、次のような視点から考えてみると事態は一変します。

 

事業経営において「継続的に利益を出す」ことは「損失を未然に防止して減らす」ことと、経営に取り組む価値は何ら変わりはありません。

リスクが表面化して生じた損失は“コスト”であるということです。

BCPはリスクマネジメントの一種であり、緊急事態でリスクが発生したときでも、いかにして事業を継続させ、顧客や取引先への商品・

サービス提供の欠落を最小限に抑えるかを目的とする経営手法です。

あなたが取り組む事業を継続的に発展・成長し続けるためには、やはり勝ちパターンの仕組みづくりを見いだすことが不可欠。

そのためには、どれだけ早くコストをかけずに売上を向上させるか?

そのひとつの方法が「事業継続計画BCP」です。

 

 

大災害や大事故でも負けない強い会社・事業所・お店をつくる

BCPとは、(Business Continuity Plan)の略で「事業継続計画」または「緊急時企業存続計画」と呼ばれています。

地震・津波・水害などの自然災害、大事故、不祥事など、緊急事態はいつやってくるか分かりません。

このような危機的な事態を日頃から想定し、防災対策をとることは、人命を守るためにも非常に重要です。

 

でも、事業経営者としては、それだけでは足らないのです。

 

緊急事態によってあなたの事業が被災しても、復旧継続していかなければなりません。

では、事業を早期に復旧させるには、どのような対応が必要でしょうか?

復旧できるまでに、どのくらいの時間が必要でしょうか?

BCPは、こうした場合に備えて、あらかじめ復旧体制や方法について決めておく計画です。

また、BCPは取り決めて策定すること自体がゴールではありません。

定期的な見直し、従業員への教育・訓練などを継続的に取り組んでいくことが重要となります。

 

BCPを策定することは、自分の事業の「強み」や「弱み」を洗い出す再確認の作業でもあり、業務の効率化にもつながります。

また、取引先からの信用力向上に大きく貢献します。

さらに、事業の社会的責任を果たすことで事業価値の向上につながるなど、それは“事業経営そのもの”です。

 

緊急事態発生、その時………経営トップや事業主のあなたは、

まず、何をすれば良いか、それをすぐに実行できますか?

ご来社中・ご来店中のお客さまや従業員の命を守れますか?

すぐに、会社やお店の事業を復旧再開できますか?

 

たった一度の緊急事態によって、あなたの事業価値が一瞬にして失われてしまう。

危機管理の対策は現状のままで大丈夫ですか?

 

 

 

 

 

あなたの事業経営は

今のままでいいですか?

 

何もしなければ、事業不安も一生変わりません。

今こそ取り組んでみませんか?

 

“災害に強い事業経営”を少ない予算で。

 

 

 

 

想定外の大災害や大事故でも事業を続けることができる事業継続計画BCP。

それは、人命を守りながらも、いかに早く事業を復旧・継続させるかの行動計画です。

BCPの策定セミナーは、AtelierBCP(アトリエBCP)へお任せください。

 

BCPは大手企業だけのものではありません。

アトリエBCPでは、中小企業、小規模事業所、店舗向けにBCP策定支援セミナーを実施しています。

 

 

「BCP策定支援セミナーを自分の会社・事業所内で開催してほしい」

「ひとまず、簡単で「いいからBCPをつくりたい」

■あなたの職場で“BCP策定支援セミナー”を開催してほしいとお考えの方

■BCPについて、まずは社長・事業主、店長自身が理解して専門知識を従業員に伝えたいとお考えの方

■損保代理店や防災関連の会社など、セミナー開催として「アトリエBCP]をBCPの講師となってほしいとお考えの方

 

 

BCP策定セミナーでは以下のテキストをご用意し使用します(テキスト代はすべて無料)

 ①経営存続テキスト   BCP Vol.1    78ページ

 ②経営存続テキスト BCPVol.2 96ページ

 ③BCP取組事例集  20ページ

 ④事業継続計画書    入門ワークブック 10ページ

 ⑤命と事業を守るBCP事業継続計画書ひな形  54ページ

 ⑥それでも事業を守り抜くBCP 小冊子 30ページ

 

 

BCP策定支援セミナーの標準プログラム例

1回2時間程度 3回合計6時間ほどの予定。時間調整可。

■1回目

はじめに

・BCP策定の目的

・無料小冊子の解説

テキスト BCP Vol.1

・あなたの事業所の点検概要

・BCPと防災対策との違い

・BCPの考え方

・BCP取組のポイント

 

■2回目

・緊急時に強い現場力とは?

・BCP策定に向けての手始め(入門コースをつくる)

テキスト BCP Vol.2

・BCPの全体イメージ

・BCP策定9ステップの解説

 

■3回目

・緊急時初動対応計画について

・事例研究:東日本大震災で想定外を乗り越えた企業

・BCPと安全配慮義務

・質問・感想等

 

 

BCP策定支援セミナー料金

    32,400円(税込み)

*ご訪問地域によっては別途、交通費を申し受ける場合があります。

 

 

継続的なBCP策定支援

BCP策定セミナーに引き続き支援サービスをご希望の場合は

  1年間 12,960円(税込み)

1年ごとの更新となります。

:*ご訪問地域によっては別途、交通費を申し受ける場合があります。

 

 

 

 

 

BCP策定支援セミナー等の活動エリアは以下のとおりです。

■愛知県内

■岐阜県 西濃地域と岐阜市内

*その他の地域ついてはご相談のうえ決定

 

 

 

 

 

あるご質問にお答えいたします。

 

Q BCP策定セミナーの開催場所や時間は、どうやって決めるの?

A 御社の社内・事業所会議室、閉店後の店内等、お客さまのご希望に合わせて自由にお決めください。出張訪問させていただきます。また、どこか別の会議室を設定していただく方法もあります。土・日・祝日でもOK。セミナーに集中できる時間帯ということで、昼間にでお願いします。

 

Q 従業員が、さらに仕事が増えるので嫌がっているのですが、どうしたらいいの?

A まずは、BCP策定支援セミナー開催の「場」を設定してください。多くの方は、今の仕事が大変なのに仕事がさらに増えるイメージから、セミナー受講をあまり歓迎しないかもしれません。しかし、そんな従業員さまもこのセミナーをきっかけにBCP策定の重要性を認識され、驚くほどやる気になっていただけることが多いです。BCPの大切さを分かっていただけるよう、私共も工夫してセミナーを進めていきます。

 

Q まず先に、事業主だけセミナーを受講してもかまいませんか?

A はい。もちろん大丈夫です。先に事業主さまだけ受講されて、今の事業に合ったBCPの基礎を策定し、従業員を含めて全員が共感し納得したBCPに仕上げてください。ただ、事業主さまだけでBCPを策定して完結してしまうと肝心の従業員さんたちが他人事としてBCPを認識してしまい、いざというときにBCPが機能しないことがあるので注意が必要です。

 

Q  BCP策定しても実行する予算がないけど、どうしたらいいの?

A よくある失敗例は、BCP策定の会議が始まってすぐに「安否確認システムはどこの業者が良いか」「データセンター(大量のデータを保管するための専用施設)サービスは月額いくらかかるか」といった議論が展開されるケースがよくあります。最初に事業の目的やBCPの基本方針を確認し、緊急事態に優先すべき業務や行動手順を決めることが先です。まずは、お金や時間のかからない防災対策から着手してみて、できる範囲で実現していきます。同業者や近隣の工場を協力会社として連携して資源を融通し合えば、緊急時の対策のために自前で投資する必要もありません。

 

Q BCPって、本当に必要ですか?

A BCPは、自らの事業を大災害・大事故など、さまざまな危機に強い事業を目指す重要な取り組みといえます。例えば①従業員とその家族の生命と安全を守る②緊急事態が発生して操業度の落ち込みがダウンしても落ち込み幅をできるだけ小さくしてショックをやわらげる③悪影響を及ぼす事業中断から復旧する時間をできるだけ短くする④取引先や顧客からの信用・安心を守る⑤事業者としての社会的責任を果たし事業価値を向上させるなどが取り組む理由です。

平常時から経営トップが率先して訓練をしたり、非常時の対応について従業員説明会を行うことが、従業員にとって「自分の会社は危機に対処する備えができている」「万一の時にも私たちを、家族を守ってくれる」という安心感が結束力を強めることにつながります。

また、事業経営者にとっては重要顧客との取引が、事業収益のほとんどを担うことが少なくありません。緊急事態で重要事業が停止した場合、取引先は代替手段の確保に動くでしょう。その後、事業が復旧したとしても取引先がライバル会社の顧客となっているであろうことは、容易に想像できます。実際に東日本大震災では復旧が少し遅れただけで、すぐに他の会社に乗り換えられたというケースも多数報告されています。

また、銀行が融資の条件としてBCP策定を求めることがあります。銀行も貸し倒れが生じないように十分留意しており、その一環として融資先にBCPの策定を促したり、金利を優遇しているところもあります。

 

 

以上のほかにもご心配ごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

■“Atelier BCP”(アトリエBCP)とは?

こんにちは。事業継続計画BCPアドバイザーの沢戸富開(さわととみあき)と申します。長年、損害保険を主に保険代理店を営んでいます。同時にリスクマネジメントのコンサルティング業務をお客さまサービスとして無料アドバイスしてきました。このたび、損害保険の周辺知識としても極めて重要な事業継続計画BCPの実践的知識をみなさまにお伝えしたいと思い立ち、Atelier BCP(アトリエBCP)という事業を立ち上げました。

アトリエとは、仕事の「場」、創作活動の「場」、工房のことです。BCPとは「事業継続計画」あるいは「緊急時事業存続計画」と呼ばれ、大災害・大事故・不祥事など、想定外の緊急事態でも、命を守りながら今の事業を早期復旧・継続させる行動計画をいいます。つまり“アトリエBCP”は、事業継続計画書を作成・運用するための創造的な仕事場という思いが込められています。

 

お客さまから「事業リスクにはどのようなものがあるか」「自分の会社に潜む事業リスクが分からない」「未対策のリスクをこのまま放置すると、どのような事態が起こるか」などのご質問に対してリスク診断をさせていただく機会があります。「とりあえず保険に入っていれば、リスク対策は大丈夫だろう」と思い込んでいる事業経営者が多くいらっしゃるので驚いています。それは安心満足レベルからはほど遠く、保険でカバーできる事業リスクは、ほんの一部に過ぎません。

 

 

 

■事業継続計画BCPアドバイザー 沢戸富開のプロフィール

愛知県一宮市在住。一宮市内の大手繊維会社へ入社。まもなく会社の業績が低迷し続け、いつのまにか大赤字にふくらんでいった。経営再建のため、取引銀行から派遣された人物が新社長となる。会社を各部門に細分化(分社化)させるのが目的だったことは、だいぶ後になって気がついた。当時、私は営業職に所属。組織崩壊に向かって社員や経営幹部たち、さらには取引先の不安や心変わり、絶望感など、落日の環境下における人間模様の変化を知る貴重な体験機会と捉えた。これからの人生の糧にしようと同僚が続々退職する中、あえて退職せずに仕事を続けた。新社長が組織の変更や新組織づくりに着手していたが、いよいよ退職するタイミングを考えていた。そこへ別会社で損害保険代理店業務をしている部門からお声がかかった。その部署で約3年を経て、その後独立。損害保険を主とした保険代理店業務を約30年超ほど営み、有眼会社安心保険工房(損害保険代理店)として現在進行中。保険募集のほかに、個人事業主・小規模事業経営者のリスクマネジメントをアドバイスしてきた。保険ではカバーできないような危機管理やリスク管理についてのアドバイスを求められることが多くなった。ならばいっそのこと、自分のノウハウを活かそうと、リスクコンサルティング、事業継続計画BCPアドバイザーとして広く事業経営者のご要望にお応えするため“アトリエBCP”を立ち上げた。

 

 

 

■個人情報保護方針

“Atelier BCP”は、次に定める個人情報保護方針に従って、個人情報の適切な取り扱い・管理および維持に努めます。

①法令の遵守

個人情報の取り扱いにおいて、当該個人情報に適用される個人情報の保護に関する法令を遵守します。

②個人情報の利用について

個人情報を取得する際には、その利用目的を特定して通知または公表するとともに、個人情報をその目的の範囲内で適正に取り扱うものとします。また、その利用目的についてはご本人さまに同意いただくものとします。

“Atelier BCP”が取得する個人情報は、次の目的に利用します。

・お客さまからの“Atelier BCP”サービスに関するご質問・お問い合わせへの回答

・“Atelier BCP”サービスやセミナー開催に関する情報案内

・アンケートのご依頼

③第三者への開示について

取得した個人情報の利用・提供には、厳正な管理のもと細心の注意を払い、法令により例外と扱われるべき場合を除き、情報主体の同意を得ることなく

第三者に開示いたしません。

④個人情報の訂正・削除・利用停止について

個人情報について、訂正・削除・利用停止の申し出があった場合には、速やかに対応いたします。

⑤個人情報の管理について

個人情報の安全性確保の重要性を常に認識し、不正サクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えいを防止するため、教育その他適切な対策の実施により予防保護を図るとともに、必要に応じて当該セキュリティ対策の見直しを行います。

 

 

■事業概要

事業名 Atelier BCP (アトリエ BCP)

代表者 リスク・マネジメント管理士(第12090901号)

    沢戸富開(さわととみあき)

所在地 〒491-0912 愛知県一宮市新生3-6-26 (有)安心保険工房内

tel.             0586-47-7102  

フリーダイヤル 0120-137-721

fax.                      0586-47-7103

電話受付時間    9:00~18:00

E-mail       k-koubou@tuba.ocn.ne.jp

URL           https://www.bcp-sawato.jp

定休日     なし

事業内容 事業継続計画BCPの策定支援

     リスクマネジメント・コンサルティング